■名前の由来■


 皆さんごぞんじの絵本「ぐるんぱのようちえん」(1965年発行・福音館)

 子供にせがまれて、何度も絵本を手に取ったお母さんも多いことでしょう

 やさしさと愛情に包まれたストーリー、そして素朴なキャラクターは

 子供だけでなく、お母さんにも大人気

 私たちの活動も、多くの方に愛され親しまれたい

 そんな気持ちを込めました

 弾む語感・響きも気に入っています



                    ■あゆみ■


    95年9月

    ○働く女性の子育て支援を目的に「託児ワーカーズ・ぐるんぱ」設立

    98年〜
    ○3周年記念イベント
    [講演:青田正徳氏(ちいさなえほんや「ひだまり」店主)]
    [催し物:おはなしかご(人形劇・読み聞かせ)]

    99年〜
    ○深夜保育、障害を持つ子の保育、長時間集会(8時間)・・・など
    (保育だけでなく母親の話し相手など、内容も多岐にわたるようになる。)

    2001年〜
    ○助成付託児モデル事業(ほっと・はあと)
    ○心を育むシリーズ講演会(4回シリーズ)
    1.育つ:毛利子来氏(小児科医)
    2.食べる:山際睦子氏(管理栄養士)
    3.遊ぶ:佐藤志美子氏(北海道音楽教育の会会長)
    4.話す:大嶋栄子氏(カウンセラー)

    北海道ワーカーズコレクティブ連絡協議会託児部会として
    かざぐるま・プーのいえ・プチトマトとともに4団体で活動。

    2002年4月〜
    社会的認知と、さらなる広い子育て支援活動を目的に、
    かざぐるま・プーのいえ・プチトマトとともに『北海道子育て支援ワーカーズ』を設立
    特定非営利活動法人(NPO)を取得申請。

    「子育て支援ワーカーズ・ぐるんぱ」と改名。

    2006年3月
    10周年記念イベント
    京都ぱふの岩城さんをお迎えし、小樽ぱふ、トモエ幼稚園にも協力いただいて、
    講演会とおもちゃのひろばを実施しました。

    2011年10月
    ドキュメント「うまれる」の自主上映会を行いました。




        ■NPO法人北海道子育て支援ワーカーズとは■

   子育ての親が抱える不安や閉塞感を解消するための環境づくり、
   ネットワークづくりなどの子育て支援事業を通して、
   すべての子供と親が生き生きと心豊かに暮らせるような
   地域社会をつくることを目的として生まれました。

   現在、「ぐるんぱ」を含め10団体で構成され、講演会、学会、イベントなどでの
   保育事業を始め 、親子が集える広場の提供事業、子育て相談・情報交流活動、
   子育てに関する講演会の企画実施など、さまざまな活動を行っています。
   また、札幌市、江別市、北広島市、千歳市、恵庭市、小樽市、石狩市より、緊急
   サポートネットワーク事業を受託しています。



 戻る